VR

VRのDoF(自由度)とは? 3DoF・6DoFを解説

皆さん、こんにちは。
携帯電話&WiFiレンタルのププルです(*^_^*)

一般的になりつつあるVRの世界ですが、そのVRの中でも重要な機能を果たしている「DoF」をご存知でしょうか? 今回は、VRの没入感や操作性を左右する「DoF」についてご紹介します。

VRにおけるDoFとは?

DoFとはDegree of Freedomの略称で、「自由度」を表します。 VRの場合では、DoF(自由度)は、VR体験で感知できる動きの方向数を意味します

そして、VRにおけるDoFには3DoFと6DoFの2種類があります。

3DoFと6DoFはどのように違うのか

3DoF 『頭の回転や傾きまでを感知』


3DoFでは、X軸・Y軸・Z軸周りの3つの動きに対応することができ、3DoF対応のヘッドマウントディスプレイでは、頭の回転や傾きを感知します。

3DoF対応のヘッドマウントディスプレイでは、頭を動かして周囲の映像を眺めることに限られます。3DoF対応のヘッドマウントディスプレイで、キャラクターを移動させる場合にはVR専用コントローラーなどを使ってキャラクターを移動させることになります。

3DoFは、モバイルVRヘッドセットやOculus Goのようなスタンドアロン型VRヘッドセットなどで使用されています。ヘッドセットを装着して頭を回すと、この軸の角度の変化を追跡して周囲を見ることができます。

6DoF 『頭の上下左右前後の動きに対応』


6DoFでは、3DoFで対応していたX軸・Y軸・Z軸周りの3つの動きに加えて、X軸・Y軸・Z軸方向の「移動」という3つの動きを加えた、6つの動きに対応することができます。
PC向けのVRヘッドセットである、Oculus RiftやHTC VIVE、PlayStation VR(PSVR)などは6DoFです。

3DoFと6DoFを比べたイメージ

6DoF対応のヘッドマウントディスプレイでは、3DoFの場合に感知していた頭の回転や傾きに加えて、ポジショントラッキング(位置トラッキング)、つまりVR空間内に自分の体がどこにあるのかを把握・追跡することができるのです。このポジショントラッキング機能により、VR端末に表示された画像と現実世界での動きを連動させることが可能になります。

6DoFでは、実際に自分の体を動かしてVR空間内を歩き物体に近づくこともできるため、より現実に近い没入感を楽しむことができます。

3DoF、6DoFのHMD紹介

3DoF おすすめHMD

3DoFは、頭の前後左右への傾きや首の振りに対応します。Oculus Goやスマートフォンを装着してプレイするようなVRゴーグルなどは3DoF対応機になります。頭の回転のみ感知され、VR中での移動は感知できません。

Oculus Go


Oculusが2018年5月1日に発売した一体型VRゴーグルです。「Gear VR」とほぼ同等と言われていますが、Gear VRでは対応するGlaxy端末(Glalaxy S6以降)が必要になるため、スマホとVRゴーグルの両方揃えるのに比べると安価で購入することができます。

最大の特徴は、「ソーシャル機能」で、基本機能や公式アプリを使い、Facebookアカウントと連動が可能。VR上でチャットしたり、通話やVR内でアバターを作り一緒にライブやスポーツ観戦をすることもできます。

プラットフォーム(コンテンツストア)はGear VRと同じく、Oculusが対応しています。Oculusのストアには、1,000以上のVRコンテンツがあります。
スペックはスマホタイプのものよりは高性能で、価格も手頃なので、一体型VRゴーグルの入門機としてもおすすめ! 機材は32GBと64GBの2種類展開です。

これが未来の主流!一体型のVRゴーグルを紹介します前回の記事では、手軽にVRを体験できるVRゴーグルを紹介してきました。 今回は、未来のVRゴーグルの主流になると言われている一体型のV...

Oculus Go公式ページ

Gear VR


最新のGalaxy Gear VRは今回、第三世代にあたります。GearVRもかなりパワーアップしましたが、一番の進化点は、コントローラーです!
コントローラーには、ジャイロ、加速度、磁力センサーが内蔵されており、外部センサーがないのでハンドトラッキングはできませんが、VR空間のなかで手を登場させ、さまざまな体感的な操作が可能となりました。

また、音量を調節したり、ホームボタンや「戻る」ボタンを押したりすることがコントローラーから操作が可能な為、わざわざヘッドセットに手を伸ばす手間が減り、操作効率が大幅に上がることに加え、より集中してVR世界を堪能することができます。また、画面のスクリーンショットを撮ったり、動画を撮影することができます。

【ププル】最新のGearVRのレンタル開始(レビューや接続方法もご紹介)皆さん、こんにちは。 携帯電話&WiFiレンタルのププルです(*^_^*) 最近、勢いのある「VR」は、ゲームセンターや店頭、展...

Gear VR公式ページ

Daydream View


DaydreamはGoogleの開発したヘッドマウントディスプレイで、日本では2017年12月13日に発売されました。
Android 7.0以降のハイスペックなスマートフォンに対応しており、GoogleはDaydreamが要求するハードウェア・スペックの仕様規定を満たしたスマートフォンのことを「Daydream Ready」として認定されます。認定条件の例としては、Daydream ReadyのスマートフォンはVR体験の品質を保証できるスペックとして「低残像のディスプレイ」「高パフォーマンス」「低遅延のセンサー」が揃っているものであり、少ない遅延で没入感のあるVR世界を楽しめます。

こちらが現在Daydreamに対応しているDaydream Ready認定スマートフォンになります。
Galaxy S8 / S8+ / LG V30 / Galaxy Note8 / ZenFone AR / Pixel 2 / Moto Z 2 Force / Pixel / Moto Z / Moto Z Force / Mate 9 Pro / Porsche Design Mate 9

コンテンツは、専用プラットフォームの「Daydream Home」からVRアプリを選択して起動したり、Daydream版のGoogle Play Storeからアプリを検索して閲覧&インストールができます。 「Chromecast」を使えばVR映像をテレビやモニターに映すことができるので、商用のVRイベントなどでも重宝されます。

【緊急告知!】新VR機器「Daydream」がVRラインナップに追加!皆さん、こんにちは。 携帯電話&WiFiレンタルのププルです(*^_^*) 今ププルのレンタルの中でも、特にお問合せやご注文...

Google DayDream View公式ページ

6DoF おすすめHMD

6DoFは、3DoFの頭の動きに加えて上下左右前後の体の動きに対応しています。PC向けのVRヘッドセットOculus RiftやHTC VIVE、そしてPlayStation 4と接続するPlayStation VR(PSVR)などは全て6DoFで、精度の高いトラッキングを実現しています。

Oculus Rift


Oculusは現地時間2019年3月20日、Ouclusシリーズの新製品としてPC接続型VRHMD「Oculus Rift S」のリリースを発表しました。特徴的なのは、HMDの下方に4つと、上部に天井を向く形で取り付けられている5つのカメラセンサーによるポジショントラッキングシステム「Oculus Insight」です。 これまで採用していた「アウトサイドイン」方式ではなく、Oculus Rift SではQuestと同様の「インサイドアウト」方式を採用。外部センサー不要のインサイドアウト式トラッキングを採用し、かつディスプレイ解像度を片目1280×1440ドットにUPした高画質・高精細VR HMDとなっています。

また、高画質VR HMDながら専用コントローラー込みで5万円以内と非常にリースナブルであるのも魅力です。

Oculus Rift S公式ページ

HTC Vive、HTC Vive Pro


『想像を超えたバーチャル世界へ』 最高峰のVR体験を実現するVIVEの次世代機です。2880×1600の高解像度パネルとハイレゾ対応イヤフォンを搭載したVIVE PROヘッドセット、ベースステーション、対応コントローラーがセットになったVIVE PROのパッケージです。

HTC Vive PRO公式ページ

HTC Vive Focus


VIVE FOCUSは元々中国で発売されましたが、2018年10月19日に日本で発売されました。こちらも「Mirage Solo」と同じくインサイドアウト機能があり、首や頭の動きだけでなく身体の動きにも反応します。(6DoF)

このデバイスの魅力は、「ディスプレイの質と解像度の高さ」です。このVRゴーグルのディスプレイは、液晶ではなく有機ELを採用しており、解像度は2880×1600と上位機種「HTC Vive Pro」と同じ解像度を誇ります! 解像度は没入感に大きく影響するので、映像に引き込まれる没入感はVR機器のトップクラスと言えます。

また「HTC VIVE」や「VIVE Pro」と同じく、不特定多数の人が利用する商用利用にも向いている仕様となっており、外部は装着感にこだわって、弾力性と柔軟性が高い「PUレザー」が採用されており、ウェットティッシュですぐにメンテナンスできる衛生的な素材です。

さらに、VRゴーグルを装着したまま外部カメラの映像を映して周囲を確認できる「パススルーモード」も搭載しています。設置や点検時の状況確認でVRゴーグルを外す手間が省けるのは時間も短縮できて嬉しいですね(*^_^*)

こちらのプラットフォームは、STEAMではなくVIVE PORTに対応しています。
VIVEPORTはWeb上のVRアプリストアで、STEAMとの主な違いとしてはアプリのコンテンツがVR中心で映像系のコンテンツも多いのが特徴で、VRコンテンツが見つかりやすく、検索や人気順などの並べ替えがスムーズといったメリットがあります!

Vive Focus公式ページ

PlayStation VR


ソニー・インタラクティブエンタテインメントが2016年10月13日に発売したPlayStation用のバーチャルリアリティシステム(略称PSVR)。家庭用ゲーム機「プレイステーション4」専用のヘッドマウントディスプレイになります。ソニー独自の「3Dオーディオ技術」や、視野角約100°の「光学レンズ」、頭部の位置を正確に認識する「PlayStation Camera」を採用することで、まるで自分がゲームの世界にいるかのようなリアルなVR体験が楽しめます。

ゲームはもちろん、CGムービー・ミュージックビデオや360°実写映像など様々なコンテンツが充実しているので、普段ゲームをしない方にもおすすめです。仮想空間内の巨大スクリーンで映画・YouTube・Netflixなどの映像コンテンツを大迫力で楽しめる「シネマティックモード」なら、自宅にいながらまるで映画館の特等席で観ているような楽しみ方ができます。

PlayStation VR公式ページ

Mirage Solo


レノボ・ジャパン株式会社が2018年5月11日に発売された一体型VRゴーグルです。技術面では、Googleが深く関わっており、Googleの技術「World Sense」が採用されています。

Mirage Soloは、VIVE FOCUSやPicoのPico Neoなどでも採用されているインサイドアウト機能があります。インサイドアウト機能は、ヘッドセットの前面に内蔵してあるカメラで現実世界を認識し、現実の頭の動きとVRの頭の動きを一致させます。「World Sense」はそのインサイドアウト機能のトラッキングをより正確に行える技術で他のVRゴーグルよりも一歩進んでると言えます。
プラットフォームはDaydreamViewと同じくDaydreamで、VRコンテンツは200種類~300種類ほどでOculusよりもコンテンツ数では劣りますが、DaydreamはGoogle系のコンテンツが充実し、YouTubeは専用の画面になっており、他のプラットフォームで見るよりも大画面で楽しむことができます。

Mirage Solo公式ページ

まとめ

いかがでしたでしょうか(*^_^*)
今回は、Dofについてご紹介しました。ご紹介した3DoFヘッドセットは1万円代からありますが、ドラッキング性能が上がる6DoFのVR機器では5万円以上のものが多くなります。

今後もVRについていろいろとご紹介していきますが、様々な種類のVRヘッドセット・VRゴーグルがあるので、気になったブランドや機種を調べてみるのも楽しいですよ♪

<ププルのVRページはこちらから↓>

<VR関連のお問い合わせはこちら↓>