VR

【実機レビュー】Gear360をつかってVR映像の撮影をしてみました!

皆さん、こんにちは。携帯電話&WiFiレンタルのププルです(*^_^*)

最新VRのレンタルのオプションとして、Gear360(360度カメラ)のレンタルを開始いたしました。

早速ご注文をいただいたので、お客様にレンタルする前に操作を確認するため一足早く体験しちゃいました♪

今回は、普段より記事が長め(参考資料と撮影の写真が多いことが原因です。)なので簡単に内容を紹介します。大きく分けると以下の3つになります。

①スマートフォンとGear360のセットアップと接続の方法

②撮影画面やビュー、端末への写真の保存と共有の方法

③GearVRで写真を見る方法

知りたい内容だけをみるのもいいかと思います。また最後の方にププルのホームページのVRレンタルのリニューアル情報も載せています。では紹介していきます!

①スマートフォンとGear360のセットアップと接続の方法

[設定方法]

【Gear360のアプリをインストール⇒アプリ画面からGear360を接続】

①まずは、Gear360アプリをインストールしましょう。

方法としては、以下の2パターンからインストールできます。

・App Store、Google Play から直接インストールする。

・Bluetoothを起動し、Gear360を感知した状態からインストールする。

端末のBluetooth機能をONにした状態で、Gear360の電源を入れてMENUボタンを長押しすると、スマートフォンがGear360を感知し、手順に従ってインストールを行っていきます。

②インストールされたら、画面に従ってGear360を接続していきます。

スキャンの方法は、画面下半分を参考にしてみてください。参考箇所を囲っておきました。

選択後、利用規約等に同意して、接続完了です!

②撮影画面やモードの紹介、端末への写真の保存と共有の方法

セットアップ、接続が終了したので実際に撮影してみます。

今回はププルの店頭を撮影してみました(*^_^*)♪

カメラのセットですが、設置位置を基準に360度を撮影してくれるのでこんな感じで大丈夫です! では、実際の撮影する画面に移ります。

・撮影画面について説明します。

こちらが写真モードでのカメラ画面になります。

画面の中心に撮影する画面が丸く写っていますが、そこから360度写真を確認するには、

この丸い写真に指をあてて動かすだけでいいんです。この枠はスマートフォンのカメラ撮影と同じ要領で拡大/縮小を行うこともできます。

・撮影後の写真について説明します。

撮影したら早速、写真を見てみましょう。5種類のビューから選択でき、360度写真の見え方がビューによって全然違うのでとても楽しいです!

<360度表示>

写真を球状の形で表示するビューで、一番オーソドックスな360度カメラの表示です。上で挙げた撮影画面のように指でぐるぐるいじると景色が変わります。

<ラウンド>

中心から放心円状に広がるビューです。SNS等でアップしたら絶対目にとまりますね!

<ストレッチ>

特定の方向を引き伸ばして表示できるビューです。携帯電話を引き延ばしてみました(笑)

<デュアル>

フロントカメラとリアカメラの映像が分かれて表示されます。

<パノラマ>

全体をぐるっと見回したようなビューです。左から、リア、フロント、リアって感じです。

・Gear360の画像を端末へ保存する方法を説明します。

ただ、撮影しただけではスマートフォンの端末には保存されません!

撮影された写真はGear360のMicroSDに保存され、端末には保存されません。

・Gear360に保存されているギャラリー

・スマートフォン端末に保存されているギャラリー

このように、レンタル期間中に沢山写真を撮って、返却後に写真を確認しようとしたら1枚も保存されていないということになったら本当に大変なことです。こちらは特に確認するようにお願いします。

保存方法としましては、Gear360のギャラリーの写真を開いて、以下の参考画像のように保存を押していただければ写真はスマートフォン端末へ保存されます。

端末へ保存された写真は、保存マークが消えるので、どの写真が保存されているかどうかも確認することができます。

保存したことにより、端末へ写真が保存されます。

端末へ保存された画像はGoogleドライブやFacebookなどのSNS等で共有することができます!

③GearVRで写真を見る方法

端末へ保存された写真はGearVRで見ることができます。というより、この方法で見るのが一番多いと思います(笑)

こちらはスマートフォンの端末に保存された画像になります。

Gear360で撮った写真ではこの項目はありません。

この画面の状態でGearVRを装着すると、写真が表示されます。この写真は装着した状態での画面をスクリーンショットした写真になります。

装着した状態で前後左右と方向を変えてみると360度で撮影されていることがわかります。

ちょっと上の画像では少し伝わりづらいと思ったので、動画も撮ってみました!

また、以下の写真の状態からでも、GearVRに接続することが可能です。

こちらの状態から接続した場合のGearVR目線の画面はこのような形になります。

こちらの画面から画像を選択することができます。


撮影してみた感想としましては、本当に衝撃的ですごいの一言です。コメント下手ですみません。。。でも一度試してみれば今の感想で納得していただけると思います(笑)

まだまだ紹介していない機能や、いろんなシーンでの応用、編集ソフトがあったりするのでまだまだやれることが多く本当に奥深いです!

またGear360の記事を書く機会があれば、もっとコアな使い方も紹介していきたいと思っています!

VRレンタルのページがリニューアルいたしました!

ププルのホームページのVRレンタルのページが大幅にリニューアルされました。

先週からブログでも紹介させていただいた、Galaxy GeaVR with contorollerGear360はもちろん、HTC VIVEのレンタルも開始いたしました!

今回は、GalaxyS6からの写真で紹介しましたが、最新のVR機材とGalaxyS8やGalaxyS8+の端末で写真を見たら。。。

VR機材の導入やイベントのサポートを行う「VRサポートパック」開始!

・商用利用可能なVRコンテンツの提供

・ホテルなどVRを使ったサービスへの導入

・イベントに向けての準備や、イベント当日の技術サポート

など、最初から最後までお客様のやりたいことを全力でサポートいたします。

まずはお問い合わせからご相談を!

<↓↓お問い合わせはこちらから↓↓>