テレワーク

【テレワーク・デイズ2021】開催日や参加方法は?

総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府では、東京都および関係団体と連携し、2017年より、2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけ、働き方改革の国民運動を展開しています。

今回は、テレワーク・デイズ2021についての開催日や参加方法、メリットなどもご紹介いたします。

テレワークデイズ2021 実施期間

実施期間
2021年7月19日(月)~9月5日(日)
※東京2020大会開催期間:7月23日(金)~8月8日(日)、8月24日(火)~9月5日(日)

2017年より実施している、夏季にテレワークの集中的な実施を呼びかけるキャンペーン「テレワーク・デイズ」。今年の開催日は、オリンピック開催日の前後、約1か月半が実施期間となります。

テレワーク・在宅勤務で必要となるインフラ環境テレワークや在宅勤務が日常的に導入され、定着していくにあたり、IT環境を整え、ツールやセキュリティー面を強化していくことが緊急の課題となっています。また、社内社外を含めて円滑なコミュニケーションや契約を執り行っていく為には、どのような環境整備が必要となっていくのかを検証して行きます。...

テレワーク・デイズ2021 実施概要

総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府では、東京都および関係団体と連携し、2017年より、2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけ、働き方改革の国民運動を展開しています。

2019年は、期間を1ヶ月半に拡大して取組を行い、2,887団体、約68万人にご参加いただきました。2020年は新型コロナウイルス感染症の拡大防止と社会経済活動の維持の両立を図るため、期間を限定せず、テレワーク推進に向けた継続的な普及啓発策を実施いたしました。

東京2020大会が行われる本年は、7月19日(月)~9月5日(日)を「テレワーク・デイズ2021と設定し、大会期間中の混雑緩和、テレワークの全国的な推進を目的として、テレワークの一斉実施を呼びかけます。

テレワーク・デイズ2021 参加方法

実施登録フォームより申込み

テレワーク・デイズ2021への参加は、実施登録フォームよりお申込みください。

テレワーク・デイズ 2021

登録期間

2021年6月11日(金)~9月5日(日)
計画的なテレワーク実施のためにも、お早めのご登録がおすすめです。

「参加団体」には3類型


テレワーク・デイズの参加団体としては、3つの参加型があります。
「実施団体」「特別協力団体」「応援団体」。

「実施団体」、「特別協力団体」ともに、テレワーク実施の期間や人数についての制限はありませんが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点からも、意欲的な目標設定をお願いされています。

「特別協力団体」は、期間中のテレワーク実施に加え、期間終了後の実施報告や交通混雑緩和、業務効率化等の効果測定のためのアンケートに協力いただける企業・団体です。

「応援団体」は、期間中にテレワークを実施する企業・団体に対して支援を行う企業・団体です。支援メニューとしては、ノウハウ(自社の取組情報)やワークスペース、テレワークに資するソフトウェアや ICTツールの提供、ワーケーションの支援があります。実施期間限定のサービスや企画の提供もご検討ください。なお、「応援団体」は、「実施団体」、「特別協力団体」のいずれかと重複してのご登録も可能です。

テレワーク・デイズ2021 参加メリット

参加団体の取組は、「テレワーク・デイズ2021」オフィシャルサイトへ掲載されます。テレワークに積極的に取り組む姿勢を広くアピールする機会としても活用することができます。

また、テレワークをまだ導入されていない企業・団体様におかれては、テレワークにチャレンジすることにより、メリットや課題を実際に肌で感じ、働き方を見直す機会にするなどの効果も見込めます。すでにテレワークを導入されている企業・団体様は、さらなる質の向上や定着に向けた取組を考える機会にしていただけます。

なお、テレワーク・デイズ期間中、応援団体がこの期間ならではのサービスや企画を提供する予定となっており、輪をひろげながら活用することが期待できます。詳細はテレワーク・デイズ公式サイトをご確認ください。

まとめ

2017年より開催されているテレワーク・デイズですが、今回はオリンピックとも重なります。期間を1ヶ月半に拡大して取組を行い、3,000団体の参加を目指しています。新型コロナウイルス感染症の拡大防止と社会経済活動の維持、オリンピック開催国としての安全などあらゆる問題への両立を図るため、テレワークの全国的な推進を目的として、テレワークの一斉実施を呼びかけています。是非ご検討ください。

新しい働き方、暮らし方誰もが予期せぬ事態となったCOVID-19の世界的な感染拡大により、ビジネスや暮らし方が大きく変化しました。 ニューノーマルが提唱...

 

ププルでは、Wi-Fiとパソコンがセットになった「テレワークPCレンタルパック」をご用意!!
<ププルのテレワーク向けPCレンタルページはこちらから↓>
テレワーク向けPCレンタルページ

お得で便利なレンタルモバイルWi-Fiルーターについては、こちらをご覧ください。
<ププルのレンタルモバイルWi-Fiページはこちらから↓>
レンタルWiFi

 

<オンライン・テレワークに役立つ関連記事はこちらから↓>

【必読】テレワークや在宅勤務での必需品まとめ今まではオフィス勤務だった方でも急な在宅勤務やテレワークへの切り替えを必要とされる場合があるのではないでしょうか。テレワークの導入により、自然災害や感染症の流行などが発生した場合でも、事業の継続・早期再開を行うことができます。今回は、テレワークで必要になるものをまとめました。合わせて利用したいクラウドサービスもご紹介します...
【徹底解説】使えるビジネスチャット12選業務連絡やプロジェクトごとのコミュニケーションを円滑に進める『ビジネスチャット』を特集します。既に多くの企業で活用されているビジネスチャットですが、様々な特徴があります。在宅勤務やテレワークにも必須となるチャットツール。あなたのビジネスに最適なツールを見つけてください。...
【取説】世界中で使われるビデオ会議システムZoomの使い方[基本編]今回は、テレワークで役立つビデオ会議「Zoom(ズーム)」についてご紹介します。 無料で利用できる基本機能から様々な共有機能までもがついているZoom。今回は使い方基本編です。...
ビジネス向けビデオ会議ツール「Google Meet」Googleのビジネス向けビデオ会議ツール「Google Meet」が個人ユーザーにも提供されています。最大100人が参加可能のGoogle Meetは、2020年9月末までの期間、時間無制限で無償利用が可能。...
テレワークの電話問題を即解決!! 電話代行サービス新型コロナウィルスの影響で時差出勤や在宅勤務が推奨され、オフィスの人員不足や不在となる企業が増えています。そのような企業にとって、電話代...