テレワーク

テレワークの電話問題を即解決!! 電話代行サービス

新型コロナウィルスの影響で時差出勤や在宅勤務が推奨され、オフィスの人員不足や不在となる企業が増えています。そのような企業にとって、電話代行サービスはオフィスにスタッフが不在であっても、顧客との接点を維持する助けとなってくれます。フルリモートでの働き方やテレワークの定着、またオフィスでの事務業務の効率化にも役立つ電話代行サービス。

今回は、即日導入でき様々なプランを提供している電話代行サービスについてご紹介します。

電話代行サービスとは

電話代行とは、社外に電話対応を依頼できるサービスです。顧客からの電話に対して、丁寧かつ素早い対応をすることにより、担当者不在による機会損失の回避や事務業務の効率化を実現します。

電話代行サービス利用時のポイント

自社に合うサービスを効率良く選ぶ3つのポイントをご紹介します。また、電話代行サービスを検討する際には、普段の電話対応の状況をあらかじめ把握しておくことも大切です。自社がどのような対応をしているのかを把握することで、電話代行サービスも検討・カスタマイズしやすくなります。

料金プランと受電数

電話代行の料金プランはコール数や対応時間帯・曜日によって、変動します。最近では、月額定額制で決められたコール数以降は、プラスで追加料金が発生するサービスが増えています。

キャンペーン特設電話などで依頼期間がすでに決まっている場合や、季節によって問合せ数の変動があるようなサービス・商品を手がけている企業は返金保証制度の有無を確認しておくのもおすすめです。また、不動産や水道修理などお客さまからの電話による問合せが必須の業種においても、それぞれの業種に特化した電話代行サービスを検討しましょう。

対応時間

多くの電話代行サービスは平日9時から18時までの時間をサービスの基本にしています。そのため、電話代行サービスを利用する際には、自社にとって平日の夜間や土日の対応が必要なのかを事前に把握しておくことが重要です。

対応時間を広げれば、かかるコストも大きくなるということをあらかじめ理解しておかなくてはなりません。いつでも対応してもらえるのは安心ですが、コストとのバランスを考えて本当に必要な時間帯にしぼるという判断も必要でしょう。

電話応対の質

電話代行サービスの導入にあたり、どのくらいのレベルまでオペレーターの対応力を求めるかも重要なポイントです。基本的な受け答えでいいのか、カスタマイズされたトークスクリプトにそって個別対応が必要なのか、要望が増えればコストも高くなります。

そのため、電話対応業務を簡略化することを検討・効率化していくことも必要となります。そうすることで、求める対応の質とかかるコストのバランスを調整でき、さらに、外注する前に電話対応業務を簡略化できれば、社内での電話対応業務も軽減できるかもしれません。

電話代行サービスのメリット

オフィスや事務所の電話を代行して、チャットツールなどでお知らせしてくれる電話代行サービス。業務効率化やバックオフィスの業務軽減など様々なメリットがあります。

  • 業務に集中できる
  • 入電内容をすぐにチャットツールで報告してくれる
  • 営業電話対策に役立つ
  • リモートワーク移行での電話問題解決に役立つ
  • 非効率な社内業務を軽減
  • オフィスの人員不足対策に役立つ
  • クライアント・パートナーへの対応がスピードアップ

電話受付代行サービス 3選

おすすめの電話受付代行サービス3社をご紹介します。各サービスごとに特徴が異なりますので、自社にとっての最適な電話代行サービスを検討してください。

fondesk(フォンデスク)

fondesk
在宅勤務でのオフィス電話の受電ができない場合や、集中して仕事に取り組める環境をつくりたい企業のための電話受付代行サービス。
オフィスや事務所の電話を代行して、チャットやメールでお知らせをしてくれるサービスを提供している「Fondesk」。低価格でスピーディーな受電通知はテレワークや業務効率化の強い味方です。企業の環境に合わせて、報告ツールをチャットワークやマイクロソフト・チームズなど様々なサービスから選ぶことも可能です。ネット申し込みで即日利用開始可能、電話応対の設定変更やお支払いの手続きなどもすべてネットだけで完結できスムーズな導入が可能です。

【導入費用】
・月額 10,000円 + 従量料金設定あり

fondesk

ベルシステム24


大規模コールセンターの運営で数多くの実績のあるベルシステム24が提供している「e秘書」サービス。
電話応対品質と豊富なプランが魅力の電話代行サービス企業です。エグゼクティブコースでは、管理作業負担が増大する予約受付やスケジュール管理の対応も可能。キャンペーン事務局など対応幅の広い問合せや資料請求等の問合せにも対応してくれます。

【導入費用】
・スタンダードコース:月額 10,000円〜
・メッセージコース:月額 15,000円~
・スポットコース:月額 10,000円~13,000円
・エグゼクティブコース:月額40,000円~

ベルシステム24

電話代行サービス株式会社

電話代行サービス株式会社
専門業種の対応も可能な電話代行サービス株式会社。
サービスは全て24時間365日対応が可能、不動産や水道修理などお客さまからの電話による問合せが必須の業種向け料金プランもあり、業界初のオーダーメイド型のサービスが特長。豊富なプランから業務にあった最適なプランを選べます。

【導入費用】
・秘書代行:月額8,000円~34,000円
・夜間休日電話代行:月額30,000円~64,000円
・コールセンター代行:月額25,000円~114,000円
・不動産専門:月額13,000円~39,000円
・電話代行士業専門:月額8,000円~34,000円
・電話代行水道修理専門:月額30,000円~64,000円
・電話代行ネットショップ専門:月額25,000円~114,000円
・電話代行求人受付専門:月額25,000円~114,000円
・電話代行クレーム対応専門:月額25,000円~114,000円
・クレーム対応専門:月額25,000円~114,000円

電話代行サービス株式会社

まとめ

いかがでしたでしょうか。
フルリモートでの働き方やテレワークの定着、またオフィスでの事務業務の効率化にも役立つ電話代行サービス。導入を検討する際には、料金プラン・対応時間・対応の質を比較していただくことをおすすめします。

事前の準備で、社員の満足度や生産性を高める快適な働き方を実現させましょう。自社の働き方に最適な電話代行サービスを是非見つけてください。

ププルでは、すぐにテレワークを導入できる「テレワークパック」を用意しております。
<ププルのテレワークパックレンタルプランページはこちらから↓>
テレワークパックレンタルプラン

お得で便利なレンタルモバイルWi-Fiルーターについては、こちらをご覧ください。
<ププルのレンタルモバイルWi-Fiページはこちらから↓>
レンタルWiFi

<テレワークに役立つ関連記事はこちらから↓>

モバイルWi-Fiルーターとは? メリットと使い方を大解説!!今回はモバイルWi-Fiルーターに関する基礎知識を解説します。また、モバイルWi-Fiルーターとはどんなものなのか、そのメリットと使い方も合わせてご紹介していきます。...
WiFiレンタル『テレワーク応援キャンペーン』ププルのポケットWiFiレンタルなら、自宅・外出先・シェアオフィスなどですぐに利用可能なWifiを一日から長期までレンタル可能です。安全・簡単に在宅ワーク・出社困難時の事業継続が可能になります。...
【徹底解説】使えるビジネスチャット12選業務連絡やプロジェクトごとのコミュニケーションを円滑に進める『ビジネスチャット』を特集します。既に多くの企業で活用されているビジネスチャットですが、様々な特徴があります。在宅勤務やテレワークにも必須となるチャットツール。あなたのビジネスに最適なツールを見つけてください。...