スマートフォン

新iPhone SE(第2世代)デビュー

米アップルは日本時間2020年4月16日、iOSを搭載したスマートフォンの新型機種にて第2世代の「iPhone SE」を発表しました。

日本での価格は4万4800円(税別)からで、17日から予約を受け付け、24日に発売するということです。iPhone SEは、画面サイズ4・7インチで、外観はこれまでのiPhone 8に似たものとなっています。

iPhoneシリーズのなかでは最安モデルにあたり、世界的な経済の落ち込みが予想される中での廉価版iPhone SEは、かなり高い関心を得るのではないでしょうか。

iPhone SEの予約開始日は、4月17日(金)

iPhone SEの予約は、2020年4月17日(金)21時開始となります。Apple公式での発売日は、2020年4月24日(金)です。

Apple

今回はアップルと各キャリアで予約と発売日が異なります。ドコモ、ソフトバンク、auでの予約受付は、2020年4月20日(月)午前10時から、全国のiPhone取扱店および各キャリアのホームページで行い、発売開始は5月11日(月)となります。

NTTドコモは、ショップ店頭での予約はなく、auとソフトバンクはショップ店頭でも予約が可能となっています。

docomoausoftbank

iPhone SEの価格

iPhone SEではデータ容量が、64 / 128 / 256GB のラインナップ。

モデル iPhone SE
64GB ¥44,800
128GB ¥49,800
256GB ¥60,800

新型 iPhone SE | スペック・機能

iPhone SEのカラー

iPhone SEのカラー展開は、ブラック、ホワイト、(PRODUCT)REDの3色展開となります。

iPhone SEのスペック

ディスプレイサイズは4.7インチでTrue Tone搭載、3D Touchではなく Haptic Touch(触覚タッチ)を採用しています。
最新のiPhoneと同じくA13 Bionicチップ搭載機種、シングルカメラ、ホームボタンあり、防水機能ありとなります。

OS iOS 13
容量 64GB / 128GB / 256GB
カラー ブラック、ホワイト、(PRODUCT)RED
サイズ 4.7 インチ
重量 148 g
ディスプレイ Retina HDディスプレイ
チップ A13 Bionicチップ
解像度 1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi
カメラ画素数 1200万画素
12MP広角カメラ ƒ/1.8絞り値
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
フロントカメラ 7MPカメラ
性能・機能 防沫性能、耐水性能、防塵性能、高速充電対応、ワイヤレス充電(Qi充電器対応)、Touch ID、Apple Pay、Siri7
バッテリー iPhone 8とほぼ同じバッテリー駆動時間
ビデオ再生:最大13時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大8時間
オーディオ再生:最大40時間

iPhone SEの機能

最新のプロセッサ「A13 Bionic」を搭載してるのに4万4800円(税別)。
iPhone SEの本体デザインはiPhone 8を踏襲しているが、中身はiPhone 11と同等のスペックを誇り、カメラはiPhone 8と同じシングルレンズ仕様ではあるものの、A13 Bionic内蔵により、ポートレートモードやポートレートライティング、次世代スマートHDRなどをサポート。

5Gには非対応となりますが、Wi-Fi6対応。物理SIMカードとeSIMによるデュアルSIMにも対応しており2つの電話番号を持つことも可能です。実質的には「Touch IDを内蔵したiPhone 11」ほどの機能。そして、この価格であればコスパもかなり良いと言えるのではないでしょうか。

外観については

ベースはiPhone 8シリーズのようで、iPhone 8のケースがiPhone SEにも使えることがすでに報じられています。ガラスとアルミをボディーに採用していることや、ディスプレイのスペックはiPhone 8と同様となり、サイズと重さもiPhone 8と全く同じになります。イヤホンジャックはありません。

カメラ性能

アウトカメラは、1200万画素。インカメラでは、700万画素でどちらもポートレートモードなどの次世代機能を保持しています。

シングルカメラながら、Neural Engineを活用することで、背景をぼかすポートレートモードや自然光やスタジオ照明などのポートレートライティングが使えるようになり、カメラ性能はiPhone XRと近い性能といっていい(iPhone XRよりもポートレートライティングのエフェクトが多く、HDRの性能も向上している)。インカメラも画素数はiPhone 8と同じ700万画素に留まりますが、こちらもポートレートモードやポートレートライティングが利用可能になっており、自撮りやSNS投稿用のカメラとしても申し分ない仕様です。

iPhone XR vs iPhone 8 シングルカメラ対決皆さん、こんにちは。 携帯電話&WiFiレンタルのププルです(*^_^*) 2018年冬モデルとしてリリース以降、優秀機種として人気の...

まとめ

iPhoneの最大の特徴であるカメラスペックはほぼ据え置きで値段は最安機種となるiPhone SE。
その他、iPhoneユーザにとって必要な機能はしっかりと継承したモデルであり、実用性を意識したコスパの高い機種になったように思います。発売が待ち遠しいですね!!

<スマートフォンレンタルプラン>

<格安スマホレンタルプラン(個人様でもレンタルできます)>

【ププルのおすすめ】iPhoneXS遂にレンタル開始!ププルからのおすすめスマホ。人気の「iPhoneXS」のレンタルを開始しました。...
大型アップデート Apple『iOS 13』の便利な新機能Appleの大型アップデート『iOS 13』。公開後には様々な便利機能や細かな設定が可能になりました。今回はそんなAppleの大型アップデート『iOS 13』の機能について紹介をしていきます。...