アプリ

Microsoft Teamsが選ばれる5つの理由

皆さん、こんにちは。
携帯電話&WiFiレンタルのププルです(*^_^*)

テレワークの導入により、オンライン上でのコミュニケーションは以前よりも増えているのではないでしょうか。チームメンバーと連携してプロジェクトを進めていくための様々な支援ツールがありますが、今回は、大きく導入企業を増やしている「Microsoft Teams」をピックアップします。

チャット、会議、通話などチームの成果を加速する「Microsoft Teams」


「Microsoft Teams」は、Microsoft 365でのチームコラボレーションのハブとなるサービスです。チームが結束して成果をあげるのに必要な人、コンテンツ、ツールがここに集まります。

リモートワークを強いられている現在の状況で役立つのは言うまでもなく、平常時のオフィスワークにおいても企業の生産性向上に大きく寄与するツールであると言えます。働く場所にとらわれずに会議ができ、効率のよいコミュニケーションを可能にするコラボレーションツールとして、「Microsoft Teams」が選ばれる理由を考察します。

Microsoft Teams

Microsoft Teamsとは何か?

Microsoft Teams
Microsoft Teamsは、マイクロソフトがWindows、macOS、Linux、iOS及びAndroid向けに開発・提供するコラボレーションプラットフォームです。Office 365アプリケーションの一部でもあり、人と人を繋げ、より強いチームワークをバックアップしてくれます。

マイクロソフト「Office 365」から「Microsoft 365」へOffice 365は、Microsoft365になりました。新しい名前、さらに多くのメリット、同じ価格。Microsoft 365 の新機能「Microsoft Editor」「Family Safety」「Money in Excel」についてご紹介します。...

選ばれる5つ理由

① 即時性:オフィスワークと同じスピード感またはそれ以上。

チームコラボレーションツールでは、今まで利用してきた電子メールに置き換えるものと考えられており、1対1での情報のやりとりに適する電子メールに対して、チームコラボレーションツールでは1対複数でのやりとりを可能としてくれます。普段オフィスで交わされている会話がそのままテキストチャットに置き換わったようなもので、さらにログという形で発言記録が残り、紙資料は全て電子資料として添付して共有することを可能としており、業務効率化とスピード感を両立しているツールと言えるでしょう。

今もっとも利用する頻度の高い「オンライン会議ツール」では、会社の会議室で行われているリアルな会議を、オンラインに置き換えるもの。顔を合わせて話したい話題や、機微に触れるような話題を話し合う時などに適している。PCに装備されているWebカメラやマイクを利用して、参加者がお互いに顔を見ながら会話ができ、テキストの文字では表現できないようなコミュニケーションが可能になる。

② 汎用性:固定電話の番号を利用可能に

Teamsは、Office 365(改:Microsoft 365)の一部として提供されていた「Skype for Business」の後継サービスであり、通話やテレビ会議の機能が充実しているのが特徴です。Skype for Businessは、企業の構内電話(PBX)をクラウドに置き換えるサービスを提供しており、現在のTeamsにも引き継がれています。また、PBXだけではなく、公衆網との外線発着信サービスがソフトバンクから「UniTalk」としても提供されており、企業が持つ固定電話の番号をTeamsのクライアントに割り当てれば、携帯電話を構内電話代わりに利用することが可能になります。
日本では携帯電話の番号よりも、固定電話の番号の方がビジネス的な信頼度が高いことを考えると、これは非常に大きなメリットです。

③ 必然性:すでに利用しているアプリケーションツールとの連携

新しい働き方の構築が急務となる今、Teamsを導入する大きなメリットは、Microsoft Officeとの高い親和性・利用のしやすさにあります。多くの日本企業はWordやExcelといったツール「Microsoft Office」を利用しており、すでにサブスクリプション型へ切り替えています。そうした企業にとっては追加コストなく、チームコラボレーションツールやテレビ会議をスムーズに導入できるという点でも、Teamsを活用していくことはとても自然な拡張の流れといえます。

④ 拡張性:チームでの共同作業のスムーズさ

Teamsでは、Microsoft Office関連のアプリで作成した、膨大な情報資産を最大限に活用することができます。共同作業のメンバーを集め、チャネルと呼ばれるチーム内の専用セクションを利用して様々なプロジェクトを同時に整理して進めていくことが可能です。オンライン上の離れた場所にいるメンバーを繋ぐために、Microsoftの強固なセキュリティを利用して共同作業し、安心してプロジェクトを進行することができます。

⑤ 機能性:大容量クラウド

Teamsは単体で導入することもでき、その場合にはフリープラン、1ユーザーあたり2GB、共有ストレージが10GBまで利用可能。
有償プランの場合には、組織全体で1TBプラス各ユーザーライセンスごとに10GBとなり、あらゆるファイルのやりとりをシェア・共同作業することを可能としています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、チームの連携と生産性を加速するMicrosoft Teamsをご紹介しました。
業務アプリであるOfficeツールとの連携がシームレスに行えるTeamsは、ビジネスの連携強化・共同作業に加えて、高いセキュリティ性を誇ります。

Teamsを活用すれば、これまで個人が独自管理していた業務スタイルやノウハウを共有し、より業務効率に繋がるものへと昇華することが可能になるでしょう。すべてがMicrosoft 365(旧:Office365)上で管理できるようになるため、場所を問わず、どこからでも活用でき、新たな業務改革に繋がるものと考えられます。

これからの時代に即したコラボレーションツールといえ、在宅勤務が増加する現在、多くのビジネスユーザーを獲得しているツールでもあります。


ププルでは、Wi-Fiとパソコンがセットになった「テレワークPCレンタルパック」をご用意!!
<ププルのテレワーク向けPCレンタルページはこちらから↓>
テレワーク向けPCレンタルページ

お得で便利なレンタルモバイルWi-Fiルーターについては、こちらをご覧ください。
<ププルのレンタルモバイルWi-Fiページはこちらから↓>
レンタルWiFi

 

<テレワークに役立つ関連記事はこちらから↓>

【必読】テレワークや在宅勤務での必需品まとめ今まではオフィス勤務だった方でも急な在宅勤務やテレワークへの切り替えを必要とされる場合があるのではないでしょうか。テレワークの導入により、自然災害や感染症の流行などが発生した場合でも、事業の継続・早期再開を行うことができます。今回は、テレワークで必要になるものをまとめました。合わせて利用したいクラウドサービスもご紹介します...
モバイルWi-Fiルーターとは? メリットと使い方を大解説!!今回はモバイルWi-Fiルーターに関する基礎知識を解説します。また、モバイルWi-Fiルーターとはどんなものなのか、そのメリットと使い方も合わせてご紹介していきます。...
WiFiレンタル『テレワーク応援キャンペーン』ププルのポケットWiFiレンタルなら、自宅・外出先・シェアオフィスなどですぐに利用可能なWifiを一日から長期までレンタル可能です。安全・簡単に在宅ワーク・出社困難時の事業継続が可能になります。...
【徹底解説】使えるビジネスチャット12選業務連絡やプロジェクトごとのコミュニケーションを円滑に進める『ビジネスチャット』を特集します。既に多くの企業で活用されているビジネスチャットですが、様々な特徴があります。在宅勤務やテレワークにも必須となるチャットツール。あなたのビジネスに最適なツールを見つけてください。...
【取説】世界中で使われるビデオ会議システムZoomの使い方[基本編]今回は、テレワークで役立つビデオ会議「Zoom(ズーム)」についてご紹介します。 無料で利用できる基本機能から様々な共有機能までもがついているZoom。今回は使い方基本編です。...