アプリ

マイクロソフト「Office 365」から「Microsoft 365」へ

3800万人以上ものユーザーをもつマイクロソフトの「Office 365」が、2020年4月21日より「Microsoft 365」となりました。

オフィス系のアプリケーションはもちろん、テレワークが進んだ今日では、Microsoft Teamsを利用して連携を高めている方も多いのではないでしょうか。

Office 365の進化版となる Microsoft 365は、新しいAI機能や豊富なコンテンツおよびテンプレート、クラウド型の体験などを取り入れたものになっています。多くの情報に加え、ビジネスや暮らしの様々な支援を行うアプリケーションの集合体でもある「Microsoft 365」。

今回は、新しくリリースされた「Microsoft 365」を特集します。

Office 365からMicrosoft 365へ

Office 365は、Microsoft365になりました。
新しい名前、さらに多くのメリット、同じ価格。


2020年4月21日より「Microsoft 365」がリリース。Office 365をすでに利用しているユーザーは、サブスクリプションの名前が自動的に「Microsoft 365」に変わり、Office 365で利用していたサービスに加えて、その他の特典もリリースと同時に利用でき、価格変更ナシ、設定不要の自動更新です。

Microsoft365

何が新しくなったのか


まずは名前が新しくなりました。
Office 365 Personal → Microsoft 365 Personal
Office 365 Home → Microsoft 365 Family

そして、Microsoft 365 の新たな機能としては、下記の3点が挙げられます。
「Microsoft Editor」「Family Safety」「Money in Excel」

さらに、ブラウザーの「Microsoft Edge」にも新機能が搭載されました。

Microsoft Editor

新機能として搭載される「Microsoft Editor」は、Word(Web版/デスクトップアプリ版)、Outlook(Web版/デスクトップアプリ版)、そして新しいChromiumベースのMicrosoft Edge用のエクステンションとして動作するアプリで、文法や綴りなどをAIがチェックし、校正を行なってくれるツールとなります。WordやOutlookだけでなく、ChromiumなMicrosoft Edgeを利用した場合にはFacebookなどのWebサイトでも利用可能になり、対応言語は日本語や英語を含む20言語となります。

Microsoft Family Safety

新たにデジタル環境と物理環境の双方で、家族の安全を守るよう設計されたiOS・Android向けの「Microsoft Family Safety」アプリケーション。Microsoft Family Safetyでは、子供がどのようにデバイスを使っているのかを見守れるツールとなっており、iOS・Androidでの提供。子供が利用しているWindows 10 PC、Xbox、Androidスマートフォンが、いつディスプレイオンになってどのような使われ方をしているかなどをダッシュボードで確認できます。

このように、子供のスクリーンタイムを管理できる機能を、今から数カ月以内に提供するプレビュー版は、ユーザー登録を経て、アプリをダウンロード後、すべての機能を無料で利用できる予定です。完成版は、アプリストアで提供する無料版のほかに、Microsoft 365 Familyのサブスクリプションが必要な有償版があり、サブスクリプション版では位置通知や運転安全レポートなどのプレミアム機能が利用可能となります。

Money in Excel

友人や家族との距離を縮めて、結びつきをより深くすることができるグループチャットプラットフォームMicrosoft Teamsの一般ユーザー向けの新機能、家計の支出を追跡する「Money in Excel」

Money in Excelは、ユーザーが銀行やクレジットカードのアカウントExcelとを繋いで、支出を管理、追跡、分析できるようにするツールです。例えば、取引履歴や残高を取り込んで、パーソナライズしたワークブックを作成し、お金の使い方を把握したりなど。この機能はまず米国で今後数カ月以内に提供されるとなっています。

Microsoft Edge

ブラウザーのMicrosoft Edgeにも新機能を搭載。新しい[Password Monitor]機能により、セキュリティ管理やパスワード漏洩の検出などウェブ上のユーザーが保護できるようになり、[コレクション]でウェブ上の検索結果や情報収集の整理がしやすくなりました。Edgeの新機能の詳細はこちらをご覧ください。

豊富なプランと料金体系

家庭向けと法人向けの料金体系があり、個人利用としてはOffice 365はやや割高の印象ではあります。Microsoft 365では、コンシューマー向けOffice 365のバンドルにいくつかの新機能を追加して、同じ料金プランでの提供となります。

家庭向け Microsoft 365

Microsoft 365 Personal (旧称 Office 365 Solo)
¥12,984/年(1TBのOneDriveクラウド ストレージ付き)

Office Home & Business 2019
¥38,284/1回限りの購入

Office Personal 2019
¥32,784/1回限りの購入

一般法人向け Microsoft 365

Microsoft 365 Business Basic (旧称 Office 365 Business Essentials)
¥540 ユーザー/月相当(年間契約)

Microsoft 365 Business Standard (旧称 Office 365 Business Premium)
¥1,360 ユーザー/月相当(年間契約)

Microsoft 365 Business Premium (旧称 Microsoft 365 Business)
¥2,180 ユーザー/月相当(年間契約)

Microsoft 365 Apps for business (旧称 Office 365 Business)
¥900 ユーザー/月相当(年間契約)

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、新しくリリースされた「Office 365」をご紹介しました。
ビジネスでの連携強化・AI機能搭載に加えて、家庭でも役立つ機能が追加されたことが今回の新機能といえます。そして、使用頻度が高いブラウザーの情報収集能力UPやセキュリティ面での強化は、これからの時代に即した機能といえます。


ププルでは、Wi-Fiとパソコンがセットになった「テレワークPCレンタルパック」を用意しております。
<ププルのテレワーク向けPCレンタルページはこちらから↓>
テレワーク向けPCレンタルページ

お得で便利なレンタルモバイルWi-Fiルーターについては、こちらをご覧ください。
<ププルのレンタルモバイルWi-Fiページはこちらから↓>
レンタルWiFi

 

<テレワークに役立つ関連記事はこちらから↓>

【必読】テレワークや在宅勤務での必需品まとめ今まではオフィス勤務だった方でも急な在宅勤務やテレワークへの切り替えを必要とされる場合があるのではないでしょうか。テレワークの導入により、自然災害や感染症の流行などが発生した場合でも、事業の継続・早期再開を行うことができます。今回は、テレワークで必要になるものをまとめました。合わせて利用したいクラウドサービスもご紹介します...
モバイルWi-Fiルーターとは? メリットと使い方を大解説!!今回はモバイルWi-Fiルーターに関する基礎知識を解説します。また、モバイルWi-Fiルーターとはどんなものなのか、そのメリットと使い方も合わせてご紹介していきます。...
WiFiレンタル『テレワーク応援キャンペーン』ププルのポケットWiFiレンタルなら、自宅・外出先・シェアオフィスなどですぐに利用可能なWifiを一日から長期までレンタル可能です。安全・簡単に在宅ワーク・出社困難時の事業継続が可能になります。...
【徹底解説】使えるビジネスチャット12選業務連絡やプロジェクトごとのコミュニケーションを円滑に進める『ビジネスチャット』を特集します。既に多くの企業で活用されているビジネスチャットですが、様々な特徴があります。在宅勤務やテレワークにも必須となるチャットツール。あなたのビジネスに最適なツールを見つけてください。...
【取説】世界中で使われるビデオ会議システムZoomの使い方[基本編]今回は、テレワークで役立つビデオ会議「Zoom(ズーム)」についてご紹介します。 無料で利用できる基本機能から様々な共有機能までもがついているZoom。今回は使い方基本編です。...