アプリ

メジャーいらず!iPhoneの標準アプリ「計測」の便利な使い方

皆さんこんにちは、通信機器レンタルのププルです。

毎年進化を続けるiPhoneですが、カメラを起動するだけで物の大きさを測ることができるアプリが標準でついていることをご存知でしょうか?

「計測」というシンプルな名前のアプリケーションで、iOS12以降の端末で対応しています。

※対応機種はiPhone6S以降の端末になります。

iPhoneの計測アプリとは?

iOS12で追加された物の大きさを図るためのアプリケーションです。
カメラを起動して測りたいものを映すと画面上に長さが表示されます。
AR(拡張現実)の技術を使ったアプリです。

使い方

まずは「計測」アプリを起動します。

iOS12以降の端末であれば検索すると出てきますが、表示されない場合にはAPPSTOREよりダウンロードして下さい。

カメラを動かすよう、ナビゲーションが表示されます。

なるべく平坦な環境で動かすとスムーズです。

自動で物の縁を認識して、黄色い枠で囲ってくれます。

黄色い枠が出てきたら、下にある 「+」ボタンを押してみます。

 

長さが表示されました。真正面から捉えると誤差は数ミリ程度とかなり正確です。

黄色の枠で物体の縁を自動認識しない場合にも長さを測定することはできます。

長さを測りたい部分にカメラを向けたら、下の「+」ボタンを押してみます。

「+」ボタンを押すとその個所が基準点となりそのままカメラを動かすと基準点からの距離をリアルタイムに表示してくれます。

メジャーが使えるのに越したことはないですが、なかなか持ち運びしないものですよね。

ふと気になった家具や家電に出会ったらこのアプリで記録しておくといいかもしれません。

宅急便のサイズを事前におおよそ把握しておくのにも使えそうですね。